コンセント交換はリフォームで|リニューアル計画

もっと便利に使える

ワーカー

生活を便利にしてくれるスイッチですが、一口にまとめると非常に勿体無いです。理由は、スイッチ交換だけでも種類が存在するからです。例えば、三路スイッチは、一つの機器に対し2つでスイッチのオンとオフが可能になります。この三路スイッチを階段付近に装着するだけで上と下から照明をいじることができます。三箇所以上でこの機能を活かしたい場合は、四路スイッチにしてもいいでしょう。さらに操作が広範囲に及ぶので、便利さが倍増します。

スイッチはカチッと押すだけで照明のオンオフが可能です。しかし、つい消し忘れることがあるでしょう。電気代は跳ね上がり、消し忘れたことによる代償は大きいように感じます。遅れスイッチはまさに消し忘れを阻止するために出来たコンセントで間違いありません。節約意識の高い家庭ではすでにスイッチ交換済みでしょう。少しの間だけ周辺を照らすだけの部屋だと消す意識が飛ぶことがありますが、遅れスイッチにすることで消し忘れることがなくなります。しかし、光を失った部屋は暗闇状態なので肉眼では周辺の把握が出来ません。そこで注目したいのがホタルスイッチです。こちらは照明をOFFにしてもスイッチの場所が分かるようにホタルのような光を永遠に放出する優しい機能付きです。手探りでコンセントを探すことがなくなるでしょう。ここのようにスイッチ一つにしても、使う人の事を考えた作りになっているのが魅力的です。交換時期がせまっている、もっと使いやすい便利なものでスイッチ交換したいなら、3つの特徴を把握し取り付けるものを決めていきましょう。