コンセント交換はリフォームで|リニューアル計画

交換時期を見る

内観

掃除機をかける時、コンセントにプラグを差し込まないとゴミを吸い取ってくれません。ドライヤーを使う時も同様です。様々なシーンで活躍する電化製品は、どれもコンセントに差し込まないと使用出来ないため、生活をする上で不可欠な存在です。ただ、このコンセントも人間と同じように劣化します。10年以上持てば良い方ですが、ピークを過ぎるとヒビ割れが起こるようになります。しかし、差し込んだ時のグラつきがなければ使用を続行することがありますが、ひび割れのせいで外れやすくなっている可能性も否めないため、決して無視は出来ない状況です。これ以上放置をすると、今度は焦げたニオイが出てきます。これは火事を引き起こす最も恐ろしい症状になるため、メーカーでは、10年の使用をもって交換を推進しています。

トラッキングとは、適切な時期にコンセントを交換しなかったことで起こる事態を言います。原因は、コンセントとプラブの間にたまった誇りで、ショートしたことで発生した思いがけない事故です。この状態でブレーカーが作動し続けると火花が散るようになり、最悪火災を招くことになりかねません。周辺住民が数多く集まる賃貸だと、被害が拡大する恐れがあるため、決して交換はしなくても良いという気持ちを持ってはいけないのです。対策としては、コンセントの交換依頼をするか、周辺にこびりついた埃を除去するかになります。後者を交換後真面目に取り組めば、火災を引き起こすこともないでしょう。